スタッフ流コスプレメイク①(大きいけれども小!な狐)

こんばんは、京都のレンタルスタジオ「スタジオ小町」です( *´艸`)

今日はちょっとあったかくて過ごしやすかったですねー!

少しずつ近づく冬の足音…

冬コミ勢の皆さん、進捗どうですか?٩( ”ω” )و

ちなみにスタッフは冬コミは無理ですが、冬インテに個人的に参加致します!

さてさて今回は、スタッフのコスプレメイクを公開いたします!

今回はアイメイクのみの公開です!

ちなみに、これは2年前に施していたメイクです٩( ”ω” )و

コスプレを初めて間もなく、模索しながらメイクをしている頃の画像なんですが…

是非ともご紹介したいと思いました!だってコスプレメイクって楽しいんです!

今も使用している手法がたっぷり詰まっています!

スタッフが今回紹介するコスプレメイクの特徴としましては

・一重でもできるコスプレメイク

・アイテープやメザイクは使用しない

です!

キャラクターは刀擬人化男士の小さい狐丸です!

まず完成形はこのようになります(メイク画像のカラコンは加工による着色です)

最初はアイシャドウの基礎の塗り方から!上から順番に説明していきますね~!

①まずはアイシャドウの一番薄い色(一番右上の色)をアイシャドウ用の筆を使って瞼全体に塗ります。

②次に、ベージュのアイシャドウ(一番左上の色)を塗ります。

③目を開けるとこんな感じです

使用しているのはキャンメイクのアイシャドウです。

この過程を通過したら、次に行きます!

上から順に説明しますね!おつきあいください!

①まずは先ほどの過程でアイシャドウを塗ります

②次に、アイラインを引きます。

狐キャラなので、ツリ目気味になるようしっかり跳ね上げます。

私は先に外枠を描くタイプです。使用したアイライナーは筆タイプの黒。

筆タイプは初心者の方も使いやすいのでお勧めです。

③外枠が決まったら、中をアイラインで塗りつぶします。

一重なので、失敗を恐れず塗ります。

④目頭の切開アイラインを引きます。

狐キャラなので、今回の切開ラインは少し下に向きように描いています。

こうすると、よりツリ目な印象が出ます。

⑤眉毛を描きます

麻呂眉っぽいのでこの形にしています。

使用したのは、百均のペンシルアイライナーの黒です。

⑥下まつげを消します

下まつげがを消すと、目の形を好きに変えることができます。

この時は金髪用アイブロウ(眉毛に色を塗るやつ)を使用しました。

ベージュ系のモノやイエロー系は肌なじみがいいのでお勧めです。

ここまでOKでしょうか?

次はダブルラインの引き方について!

ですがーーーーー!

その内容は次回のブログで書かせていただきます!

次回をお楽しみに!

ご予約/お問い合わせ

お気軽にお電話ください。(受付時間:11:00~20:00)
080-7992-0981(担当:早田)
予約フォーム お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA