ブログ

解説小町!RAWとJPEGのお話

こんばんは、京都のレンタルスタジオ、スタジオ小町です(*’▽’)

今日はコスプレイヤーさんに知っててほしい、「RAW」についてお話します。

普段、カメラマンさんから頂くときは「JPEG」というファイル形式でお写真を頂きますよね?RAWってなーに?聞いたことないよ?って方も多いと思います!

カメラで撮影をすると、一枚の写真に対して2つの形式ファイルで保存されます。

それが、「RAW」と「JPEG」です٩( ”ω” )و

(一眼レフ、ミラーレスカメラの機種によって設定の有無が必要になりますが、そちらの設定に関しましては割愛します)

「RAW」というデータは、撮影した「生」の状態の形式ファイルのひとつです。

編集、加工が一切されていない写真と思ってください。

「JPEG」というのは、実はカメラの中で編集処理をされた写真の形式ファイルです。

スタッフも最初はまっっっったく‼知りませんでした‼

(世の写真は全てJPEGなのかと思ってました‼←)

ある撮影後カメラマンをしてくれた友人から、「RAWでデータ渡すから、ちょっと時間かかるけどいい?」と言われスタッフは

「お、おんええよ~?٩( ”ω” )و(RAWってなんや…」

となりました(笑)

このRAWの最大の特徴として、レタッチと言われる編集作業。色見、露出、ホワイトバランスを編集しても画質が落ちないこと。

あとデータ容量がめちゃ大きいです٩( ”ω” )و

RAWのまんまデータくれたらいいやん?って思うでしょう?

編集の色調補正をするにしても、PCにソフトがないと出来ないんですね( ;∀;)

(lightroomやPhotoshopの中のフィルター、各カメラ専用のソフトなど多数あります。が、こちらも詳細は割愛します)

なので、

RAW形式のファイル→現像ソフトを使用して編集、現像→データの小さいJPEGに変換

と、この手順でJPEGとなり、皆さんのお手元にデータは届けられているんです٩( ”ω” )و

この手間があると、お写真はとっても編集もしやすくて画質も劣化しずらいんです(*’▽’)

カメラマンさんの現像作業って、やってみて初めて大変さに気づきました…

コスプレを始めたばかりの方やそうでない方も、このRAWとJPEGの違いに関して知っていると加工編集の幅が広がりますよ~‼

ち・な・み・に‼スタジオ小町で撮影させていただいたオフショット・撮影風景の写真は全てRAWから現像してお渡しさせていただいてまーす‼

やったね‼是非ともオフショットも楽しみの一つに付け加えてください‼

それではまた次回‼

関連記事

この記事へのコメントはありません。